Education Project for Poor Working Children in Noida

ノイダセクター15のスラムにおいてニーズアセスメント調査を行いました

開発コンサルタントであるMr. Zaved Nafis Rahman および Mrs. Apruva Sign夫妻とニーズアセスメント調査を行いました。

この調査の目的は、ノイダセクター15のスラムで子どもが教育を受ける事が出来ていない原因とその結果を知る事です。これによって、今後プロジェクトを計画する際に基礎となる情報をつかむ事ができます。

必要な情報を知るという意味で、この調査はとても実りあるものになりました。学校へのアクセス、ドラッグが容易に手に入る環境、女の子の人権が蔑ろにされている事の三つが、子どもが学校に行けていない理由だとわかりました。

下記に英語になりますが、リポートを添付させていただきます。より詳細に情報をご希望の方はダウンロードください。

More details, see the complete report on Needs Assessment:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

3 + thirteen =

clear formPost comment